ディーガ

東京2020を4Kで楽しもう!キャンペーン

ブルーレイのディーガ

パナソニックのブルーレイデッキ、ディーガ。

スマホに「どこでもディーガ」のアプリを入れると自宅のデッキとつながる。

 

私は録画して後日見ることがほとんどです。

普段はアマゾンプライムで映画などを見るので、

テレビは録画番組が増えます。

 

しかし自宅環境内だとダウンロードができ、

その後、スマホでオフライン視聴が可能です。

カフェやホテルだとWi-Fi環境があるので、

Wi-Fi接続すれば、録画番組以外の放送も見られます。

もちろんWi-Fi環境に接続せずとも視聴は可能ですが、

私はテレビや映画をオフライン以外で見るのは嫌いです。

 

そのためダウンロードしてオフラインで楽しむのが主流です。

 

録画番組のダウンロードは自宅の同一Wi-Fi環境じゃないと無理ですが、

外から録画番組の更新などができます。

アプリがアップデートされたので可能となりました。

以前は、自宅で録画番組を更新して出かけないと、録画番組を持ち出せませんでした。

 

今は外出先で録画番組の最新の記録が更新できて便利です。

 

アップデート前は、公衆無線では録画番組の更新ができませんでした。

 

公衆無線はセキュリティ認証として、

自宅住所IDと公衆無線住所IDが異なることで、

セキュリティロック(通信エラー)がかかっていました。

 

現在は自宅住所IDと公衆無線IDがアンライセンスバンドにより、

ID認証がスムーズに行われ、セキュリティがかかることはありません。

使っている住所、使っている端末自体がIDとなり、

それぞれが異なるとセキュリティがかかります。

 

公衆無線ではセキュリティなしですが、

本人が使うVPN接続環境や、

アンライセンスバンドによりセキュリティ基準は最高となります。

ピンコードや暗証番号などが盗まれても、

目に見えない認証で相手にエラーを与える。

相手が同じ公衆無線を使わなければ傍受は無理で、

使われても目に見えない認証エラーを与えられます。

LTE over WiFiは同じ公衆無線の中にLTEを通すので、

公衆無線の壁を越えても、LTEの壁があります。

さらにLTEがインターネット経由なので、クラウドや情報源などを共有する必要性もあります。

 

マイページが個人単位で異なるように、

個人単位でクラウドや情報源は異なります。

その個人情報源を共有できなければ、今の時代画面傍受も無理です。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら

車で出かけるときはパーキング予約が便利

レンタカーデートはこちら

楽天リーベイツとGポイント

  • Rebatesお友達紹介キャンペーン
  • Gポイント

女性は完全無料登録です↓↓↓