ブルートゥースデザリングを検証する

ブルートゥースデザリングを検証する

 

今回スマホのアプリのアップデートで常時更新が適切となり、

それによる本人IDに関係するキャッシュの発生がなくなった。

アップデートが常時行われるオーバーフローの情報

つまりファンド情報やSNSなどのソーシャルなネットワーク以外はキャッシュの発生が終わる。

私はそのためパソコンをブルートゥースデザリングでキャッシュが発生しないかを検討すること決めた。

 

ブルートゥースデザリングは前からやっていて、

前に使っていたスマホからパソコンへブルートゥースでデザリングしても、

スマホブルートゥースのIDを含めたインターネットとなるのでキャッシュはかかっていた。

 

しかし今回アプリのアップデート常時更新でキャッシュが消えた。

ブルートゥースだとスマホとID認証が区別されると考えられる。

スマホのID認証が消え、ブルートゥースはID認証でキャッシュ発生がなくなるだろう。

前はスマホでID認証があり、ブルートゥースを使ってもIDが認証されキャッシュがかかっていた。

今はスマホのID認証でキャッシュの発生がないので、ブルートゥースだけのID認証となり、

そのときはブルートゥース接続だけで認証が止まるはずだ。

 

私はこれを検証していこうと考えている。

 

スマホ自体はID認証でキャッシュが発生せず、スマホ自体のアプリなどはアプリ内で認証される。

そのアプリ内で認証されたときはキャッシュがかからない。

これと同じでブルートゥースデザリングで接続したときは、

ブルートゥースという機能内で認証されるのでキャッシュがかからないと予測できる。

 

USBデザリングも5Gに至るまでにキャッシュの発生は終わると私は考える。

現状ではブルートゥースデザリングの場合は、

スマホのIDプラスブルートゥースのIDが踏まえられる。

そのため二段階なのでブルートゥース内での認証としてカウントしやすくなる。

USBデザリングの場合はスマホ本体と対等の環境なので、

スマホ本体内で認証される。

そのためアプリ内やブルートゥース内といった建前がなくなりキャッシュがストレートにかかるのがUSBデザリング。

 

しかしスマホ自体のキャッシュがバックグランド通信がメインとなった。

リモート運転でもフィードバック11が二度確認できた。

一度目はウィンドウから開いたとき。

二度目はグーグルプレイ常時更新にしたとき。

 

何かのステップを踏むとリモート運転のフィードバック11もアップデート10へと切り替わると充分予測できる。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら

車で出かけるときはパーキング予約が便利

レンタカーデートはこちら

楽天リーベイツとGポイント

      • Rebatesお友達紹介キャンペーン
      • Gポイント

女性は完全無料登録です↓↓↓