yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

万が一

万が一

 

以前、万が一の自然災害のときはドコモショップへかけつけるのがいいと記述した。

しかし5G端末の展示品が並び電波普及がない状態が続いている。

ディスプレイはカラフルだが空しい感じだ。

そのときどきの対応だと思う。

早くシムや電波が復活してくれればうれしいとは思う。

 

そしてディスプレイが復活すると、

万が一のときは自分のIDでログインでき、

その日に泊まるホテルを確保できる。

ビッグローブでログインできたのは展示品だったからだと思う。

展示品はまだそのアイテムのID化が終わっていません。

また展示品の電波が使えなくなっても問題ない。

 

私は銀行の静脈スキャンを登録した。

大抵はICカードが必要となるが、

もみじ銀行ではカードすら不要の手ぶら取引がある。

またイオン銀行なども指紋プラス静脈というシステムだ。

 

前回の東京集中豪雨のときは静脈スキャン登録をしていなかった。

今回は手ぶらで、カードを失っても、

カードとは別の暗証番号と生命反応のある静脈スキャンがあればお金は下せる。

よく映画などで網膜認証のセキュリティ解除で、

目をえぐり取り使うシーンがある。

あの場合に動作するのかが不思議だ。

というのも、生体登録なので、俺の脈が止まるとスキャン認証できない。

人が死に、果たしてその網膜スキャンは使えるかどうかは調べたことがない。

 

同じ目でも虹彩認証の場合は生命反応がないとスキャン認証できない。

今の顔認証はその虹彩認証に近い認証ができている。

ペイペイでスキャン支払いをするとき、

ペイペイのQRコードをアプリが探して移動する。

動的な認証方法で、

そのほかのQRコード認証も動的な動きをする。

勝手に検知するので、認証が速い。

カメラがQRコードへ向かって動くので認証できる。

 

顔認証もマスクをすると認証が降りず、セキュリティ確認が取れる。

逆にマスクを外すとすぐ解除してくれる。

俺の場合はおそらくスマートウォッチの心拍数で生体生命は認証できる。

併用して用いられている。

 

次の万が一のときは指の静脈スキャンでお金をおろして夕食を買い、

ホテルの料金も現地支払いし、余裕を持ってタクシーで広島まで帰られる。

もちろんその口座にはけっこう入金していて、

静脈スキャンを使うことで普段からやり取りを楽しんでいる。

 

あとは都心で便利なイオン銀行

地元では山口銀行が便利です。

万が一カード類を紛失した場合の対応だ。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら

車で出かけるときはパーキング予約が便利

レンタカーデートはこちら

楽天リーベイツとGポイント

      • Rebatesお友達紹介キャンペーン
      • Gポイント

女性は完全無料登録です↓↓↓