yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

三井住友銀行の口座を開設しました

三井住友銀行の口座を開設しました

 

三井住友銀行の口座を開設したのですが、

まず、ネット上でホームページからキャッシュカードを申し込みます。

 

デビットカード一体のキャッシュカードで、

口座開設のアプリから申し込みます。

私はマイナンバーを本人確認の書類としてアップロードしましたが、

SDカードに保存しているPDF画像は使えず、

新規にマイナンバーカードの撮影が必要でした。

撮影日の日付がカウントされることでより本人確認が取れるのだと思います。

例えば紛失届のない最新の日付けが判別できるとか。

 

そして機械審査で審査通過すると、

即時にカード発行の返信メールが届きます。

届かない場合は機械審査でエラーが出たということです。

その場合エラーによる対応ガイドラインへ進みます。

 

メールの内容には、キャッシュカードが届いた後の段取りの記述がありました。

カードが届くと届印を登録するために用紙に捺印します。

そしてそれを返送して、後日の連絡以降、当行での取引が可能となります。

 

そのときにインターネット取引の設定なども行え、

まずは第一段階の段取りが終わります。

 

次に窓口では決済用普通預金総合口座を開設します。

決済用普通預金総合口座だと、その口座の定期も全額保護の対象となります。

そのため無利子でもそちらを開設したいと思います。

定期の場合は貸し付けが可能となりますが、

その貸し付けというのは、普通口座のお金が不足したとき、

定期から貸し付けをすることができます。

貸し付けの担保金として定期のお金を使えます。

しかし貸し付けなので定期へ戻す条件があります。

これはゆうちょでも同じシステムとなっていて、

ネットバンク専用の定期の場合によくみられる取引です。

 

そしてもう一つ、生体生命の静脈登録をして、

ICチップのカードと、磁気ストライプのカードのATM制限をかけます。

するとICチップカードを挿し込んだ場合、

暗証番号が使えなくなります。

その代わりICチップカードと併用して、

静脈スキャンだけの生体認証の取引ができるようになります。

 

ICチップカードがIDとなり、生体生命がパスワードとなります。

 

三井住友銀行では生体認証とICチップのセットで、

セキュリティが最高クラスの取引ができます。

 

ゆうちょは万が一ICチップカードを盗まれても暗証番号があります。

また不正送金をしようにも私の端末が必要で、ログインするのにパス打ちも必要で、

それプラスAUからログイン許可が必要となります。

また窓口へ行かないと送金がゼロの場合は設定を上げられません。

第二候補のセキュリティ基準を備えています。

 

総合口座の通帳を落とした場合、壁となるのは印鑑と身分証だけになります。

最近の口座開設には写真付きの身分証が使われますが、

定期の解約の場合は保険証で充分です。

印鑑と保険証よりセキュリティーの高いのがネットバンクとなります。

 

三井住友銀行は最高クラスのセキュリティーを備え、

ゆうちょは第二候補のセキュリティーと民間的なネットバンク機能を楽しめます。

三井住友銀行はICチップと生体生命で本人だけのものとなり、

主に貯金が目的で引き出しには使いません。

引き出し手数料は当行窓口じゃないと発生します。

 

万が一、使う場合はそのままデビット払いすると手数料はゼロとなります。

その場合は決済用普通口座から引き落とされ、

不足しているときは、定期から貸し付けがあります。

 

ゆうちょは窓口対応がしっかりとあり、

ネットバンクと併用したサービス、

手数料もかからずセキュリティ基準も高いです。

普段の引き出しや、万が一の引き出しにも使いやすいです。

 

二つの特性を生かして使い分けると便利です。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら

車で出かけるときはパーキング予約が便利

レンタカーデートはこちら

楽天リーベイツとGポイント

      • Rebatesお友達紹介キャンペーン
      • Gポイント

女性は完全無料登録です↓↓↓