アクオスフォンR5Gをソフトバンクオンラインで・・・

アクオスフォンR5Gをソフトバンクオンラインで・・・

 

アクオスフォンをソフトバンクのオンラインだと半額で買える。

しかし俺は買わない。

 

これは「トクするサポート」+「特典A」を利用することで半額となる。

しかしこれは二年後に新機種を買う条件があり、

結果、欲しくないのに買い続けないといけないエンドレスの縛りがある。

 

ただで半額になるわけではなく、

二年後に新機種を買うと古い機種の3年から4年分が新機種の代金として支払われ、

さらに三度目の機種で二度目の機種の3年から4年分を新機種の代金として支払われる形が生まれる。

要は私のトム・ローンみたいなシステムなので、

私はこれを回避しようと思っている。

 

しかし「トクするサポート」を無視してそのまま4年分の支払いを基準にすることも可能で、

無理に「特典A」を使わず、バッテリー交換だけ行い、アクオスフォンR5Gを使い続けるプランもある。

 

予算はすでに確保済みで、

楽天銀行の予算をエクセルに保存しているが、

70,000円の確保をしている。

4年に切り替えるときはそのときにもう予算の準備は終わっている。

しかも初期手続き前に他の銀行へ振り込み設定を終了していて、

それを差し引いてもその予算は口座残高100万円を下回らない。

 

楽天銀行の口座は300万円を超すと振込手数料無料枠が増える。

給料受け取りがあるので月7回まで振込手数料が使えることになる。

 

初めは住信SBIネットバンクの契約をして、

振り込み専用に使おうと考えたが、

銀行間のやり取りのメカニズムが自宅のパソコンで網羅できるようになり、

家から出ずに銀行間の振込や振替が完結しています。

そのため使い分けとして口座を増やす必要がなく、

楽天銀行のエクセル把握が整いました。

これにより住信は不要と判断でき、楽天銀行を優先して増やすことを決断しました。

 

そして初めに断っておくけど、

ネットバンクとは、銀行のサーバーに直接アクセスすることでやり取りできます。

そのため本人とその本人端末が登録済みです。

つまり、私の口座を「不正に操る」という言葉を使う場合、同じ端末からのアクセスじゃなくなります。

クローン端末をそろえたとしても、同期が済んだ端末でIPアドレスは異なり、別端末となります。

別の端末でハッキングして銀行のサーバーを直接襲ったことにしかなりません。

銀行のサーバーを襲い個人特定に関係なしの手段しかありません。

その場合、我々、ユーザーはサーバーと関係なく、保険金があるので補償され、

銀行もその場合の保険があると思います。

映画のような強盗団の銀行強盗ほど現実離れしたものはありません。

理屈が嘘だから物語としてしか見られないのが現実です。

ときどきテレビのキャスターがフェイクニュースや、その想定を「映画のようだ」と言いますが、

その言葉は私に言わせれば「デタラメだ」という意味でしかありません。

無駄です。

 

本当に特殊詐欺や、のぞき見などが一番のリスクだと私は良く知っています。

本人の口座を襲うときの手段は、

のぞき見でパスを盗み、その端末を勝手に使うときだけです(本人登録済みの端末だけ)。

ハッキングは銀行に対して行うのがその本来の意味です。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら

車で出かけるときはパーキング予約が便利

レンタカーデートはこちら

楽天リーベイツとGポイント

      • Rebatesお友達紹介キャンペーン
      • Gポイント

女性は完全無料登録です↓↓↓