yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

ウォーキングアプリ

ウォーキングアプリはバックグラウンドでキャッシュの負担が大きいです。

 

コークオンのウォーキングは前の機種でかなりのストレージでした。

 

今回は12ギガのメモリのスマホに変えてそのストレージの抑制が可能となりました。

7つのウォーキングアプリだと相当な負荷だと思いましたが、

12ギガのメモリのハイスペック機種だと負荷が少なく済みます。

 

電池の減少も一日20%ほどで済み、

今度の端末は長持ちしそうな雰囲気です。

同時に今まではメモリが弱かったので一年ほどでダメになっていたと解りました。

 

しかしメモリが大きくてもウォーキングアプリのストレージはほかの部分にかかります。

それはキャッシュです。

Wi-Fiデザリングでキャッシュを削減できたのはいいのですが、

今度はウォーキングアプリのキャッシュがかかり始めました。

 

このアプリは全く新次元のGPSアプリで、

ブルートゥースの連動はほとんどないです。

これがスマホのストレージになりますが、

対策案もあります。

 

それはオフラインで使うことです。

電源をオフにしたらダメだと紹介があったのでオフラインもダメだと思っていました。

しかしオフラインでもきちんと歩数のカウントがあり、

これからはオフラインで持ち運ぼうと思います。

 

Wi-Fiデザリングで使うと、7時間の外出で37メガのキャッシュが発生します。

Wi-Fiデザリングで本体にキャッシュのストレージがないのは、

フィードバック11で、今回の端末(R5Gシリーズ)でそのアップデートです。

つまり、5Gによるキャッシュゼロは進んでいたことが新たに判りました。

しかしドコモの機種を買わなかったので、

ソフトバンクでシム認証ができず、アップデートは端末へのストレージ数だけでした。

Wi-Fiを飛ばしているSH-M09へのストレージがなくなりました。

正確なストレージ数はビッグローブマイページで確認する必要があります。

ドコモの機種にするとかなり削減できると思います。

エリアがカバーされるとゼロキャッシュが稼働できそうです。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら

車で出かけるときはパーキング予約が便利

レンタカーデートはこちら

楽天リーベイツとGポイント

      • Rebatesお友達紹介キャンペーン
      • Gポイント