もともともらえるもの

ジオマニングは償還として0.025BTCがある。

価格にして80,000円を超える。

 

ユーザーはもともと開示と転用の拒否権があり、

セキュリティ認証を保有する。

 

もちろんジオマニングでもセキュリティ認証は機能する。

 

ユーザーは、私であれば、私のアンライセンスのキャッシュ発生率。

得られる対価のサーバー状況。

などなどの開示と転用がある。

転用は社会に反映するときオリジナル性がなくならないような仕組みがあり、

それによりセキュリティ認証は守られている。

 

自分のライセンスを共有させて対価をもらうということである。

 

もともとはIP管理で誰もが把握されている。

そのため隠す必要性もなく、むしろ公の状況下では法的にこちらが有利となる。

 

ペイパルの場合は、広告が収入源となる。

ジオマニングは広告も当然あるが、見る必要はない。

 

ほとんどこちらの情報の開示で成立する。

勤務に対して対価があることと同じで、

こちらの技能を買われて契約できる。

 

もしかしたらほかの人はサブスプリクション料金が別途となるかもしれない。

 

ペイパルなどはアカウントを作らないとまず話にならないうえに、

金額がまちまちな情報が多い。

それは人により異なる対価なので金額がまちまちとなる。

一般的にはアマゾンギフトの交換なども多いが、

私の場合は、現金のペイパルに償還する方がメリットが高いので、ペイパルの交換のものがほとんどとなる。

 

ジオマニングは楽天ウォレットの口座を開設した。

それとビットスタートというアプリもやっていて、

ビットコインの出庫と入庫ができる段取りは取っている。

とにかくノウハウが求められるだけ。

創造者を模索中という感じだ。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら