仮想通過で判ったこと

仮想通過で判ったことがある。

私がジオマニングしていることを知り話題になっている。

 

それは私の会社で私の行動にアイデア意見する輩が多くいることが原因だ。

確かに私は常務として優秀だ。

立場上だけじゃなく実力がある。

私は話題になりやすい。

しかし私のアイデアに近づくのは無理だ。

それが表に言葉や行動として出やがる。

できてもいないアイデア意見を繰り返す連中がいる。

 

そのため私はそういうアイデア意見連中は無視する。

なぜかというと、そういう連中に思知らせるためだ。

私のしていることはとうてい君らには理解できない。

 

だから私には関わるなという忠告だ。

今まで前の会社を含めて、私に関わり失敗した人物は数知れず。

私は君らに関わらないようにしている。

 

私に関わると恥をかくのは君らだ。

 

ダイレクトには伝えたことはないが、

このブログ著作を利用して手記を残す。

私は一人がいい。

どうせ私をサポートできないのは知っている。

なぜ、関わる必要性がある。

 

人間は一人だ。

そして私は周りと違う。

 

周りは己の自尊心で近づいてくる。

私はそれが嫌だから無視している。

変に助けてくれなくていいから近寄るなと手記を残す。

被災したときも自力で抜け出した。

むしろ、その後の周りのコンタクトが凄い邪魔だった。

私は3か月で自宅(賃貸)を復興できた。

現住所に引っ越しを入れてもそのくらいで片付いた。

全部一人で片付けた。

それが可能だ。

助けは必要ない。

その間、社協とか来たけど凄い邪魔だった。

 

私は自分のことはなんとかする。

助けが必要なときはこちらからコンタクトするので必要ない。

とにかくしつこいハエが多い。

 

助けが必要ないということは、こちらからも助けるような真似はしない。

だから私に関わるのはよせ。

下の次元の馬鹿なやり取りはしたくない。

周りは明らかに私と違う人間だ。

私の世界観に入り込むな。また私を君らの世界観に入れるな。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら