yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

当初募集期間

投資ファンドの設定日は同じだが、

運用準備期間があり、

この枠内にはおそらく配分(利権)がある。

 

その配分には目標利回りとリターンの構造が積算年数ごとにあると思う。

その積算年数に値する投資家はその配分で運用されるだろう。

 

上昇時、下落時の配分計算をその投資家のみで計算し、

その配分で基準価額が表示される。

 

例えば、楽天証券住信証券などでも、

買付け手数料の約款をまず閲覧して買い付ける必要がある。

しかし実際には買付け手数料がゼロ円のファンドがほとんどとなる。

 

また、大和証券においても、

楽天で大和のリートを始めるまで、

大和証券ではリートの分配金が再配当しか選べなかった。

しかし楽天でダイワのリートを始めると、

大和証券でも分配金が受けられるようになった。

 

などなど、人により利権がその都度異なる。

このような利権により使う人、

あるいは金融機関などの窓口は、

ユーザーがどの利権に属するか判断が付く。

 

そういう利権を「当初募集期間の利権に属する価額」と示すことも可能となる。

つまり人により基準価額が異なるのは当然だと示せられる。

「当初募集期間で応募された方の価額」

「買付け手数料が高い方の価額」

「複数の証券会社で同じファンドを所有する方の価額」

などといった内容で人との異なりを示す建前も生まれるだろう。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら