yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

私の端末でジュースジャッキングを防ぐ

あくまでも私の端末での話。周りの端末はかなりランクが低下するので注意が必要。そしてUSB充電器を使ったスマホへの感染となる。

 

私は日本ドラマの録画を見ていて「ジュースジャッキング」という言葉が出てきたのを確認した。これはスティックアンドロイド以上の端末が必要となる。

 

ドラマ内では少し小さめのスティックアンドロイド、あるいはスティックパソコンが登場するが、私は以前もう少し大きめの両方の端末を所有していた。私はそれらを使い自分のオフラインサーバーを強固に成長させた。

 

私の場合は善玉で自分のメリットを生かすことで遠隔ツールが応答してくれた。無事、オフラインサーバーのクッキーが生まれ、今でこそジオマニングが可能な域にある。アプリのジオマニング以上のオリジナル性のあるジオマニングも肌で感じられる。

 

スティックタイプの端末はしかし、データの送受信が可能となる。その端末でウイルスプログラムを作ることで感染させることは可能だ。

 

しかしやはり結論としていえば、普通のパソコンと同じで迷惑通知みたいなものしか発せない。これは新しいジャンルではなく、古くからパソコンなどで確認が取れるウイルスと変わらない。

 

突然、偽のサイトへ移動したりするのがパソコンの従来のタイプだが、スマホの場合も同じである。スマホの場合はUSB接続で通知ウイルスを送信することでウイルスを開かせる目的となる。

 

近年、リモートが流行っているが、実は前から存在しており使われるところでは日常的に使用されている。

そのリモート観点からの助言として、リモートツールを契約して安全回線を確保してほしいという考えの主張となる。

リモート回線を契約するとそのリモートのアクセス権が発生するので、リモートが初めてここで使用できるようになる。WOLなども実は回線契約があっても不可能なポジションで、私の場合は安全最優先でルーターへのログインを本人が不可能となるほどの厳重さとなる。

要するにジュースジャッキングを防ぎたいのであればリモートツールを契約すことで解消の糸口にもなりやすいということである。

 

つまり簡潔にいえばリモート権を契約することでワンタイムパスワード系の認証が必要となり、その送信と受信の交互やり取りが行われて初めてつながるようになっている。

私の場合ではいえば、リモートツールによりそのワンタイム接続を利用したアクセス権を使用して、開けるメールや開けないメールの仕分けが自動となる。

マルウェア対策がリモートツールに備わっていれば可能となる。

一例として、私のスマホのメールは三井住友のメールで重要なものはスマホでは中身が開けないシステムになっている。その場合は、自宅のパソコンで開き確認するようになる。

リモートツールがあればこういう機能が自動でアップデートされやすい。しかしユーザーごとにすでにIQ審査は常に行われる。その都度、レベルの高い誰もが知らない設定論理を使用するごとにアップデートが入る。

そしてワンランク上のそのアップデートに対応できない場合は、私の遠隔ツールは退会となる。

私の場合はすでにコンソールマイページ上でその退会のボタンが消え去り、退会は不可能となっている。この前も説明したが、私は今の遠隔ツールでは試験に合格しているので退会できない。無料ツールなので退会の必要性がない。

 

ほとんどの人はこの無料ツールじゃない月額有料ツールをお勧めする。こちらもリモートアクセス権があるだろうから、セキュリティーツールが強くなることはいえる。しかし使っている端末ごとでレベル。端末のレベルやユーザー単位のレベルはある程度反映されたアップデートが始まる。

そのため共通して安全とは言い切れない。やはりフィードバックに対応できない人の端末は逆に、セキュリティが堅いことで機能が使えなくなる恐れが高い。その場合は、セキュリティ基準が下げられてしまうか機能がかなり低下した状態になる。周りに助言を求めて無駄だと思われる。一番いいのは自信がない人は足を踏み入れないことが重要だと私は助言する。

 

ジュースジャッキングも結局、私がやっていたオフラインサーバーのクッキー構築の接続を単純にデータ送受信に使っているだけ。しかし簡単に対策を述べたとして、それはシムフリーじゃなくキャリアのスマホを契約することである。

 

シムフリーは利便性重視でいろいろな端末を接続できる。その分のセキュリティ面は自己責任を問われる。

しかしキャリアはドコモであればドコモのブルートゥースじゃないと接続できないように、一つずつ登録済みとなり、その分、使えるモノに限界がある。そのためマルウェアがなくてもセキュリティーソフトで対応は可能となっている。

 

キャリアでも絶対ではないので自己責任が重要である。よく人のせいなどにする人が多いが、大抵は的外れの答えのやり取りをしているだけ。要点は、そのセキュリティに対して自己責任であることを把握すること。

 

すでに自分が使う端末によってIQテストは全員が受けている。皮肉にもすでにスマホなどでIQテストは受けている。可能性がない人間にその難題は起きないシステムとなっている。そのため今、自分がその悪い環境下にあるのであれば、それは自己責任の逸脱だと考えるしかない。キャリアや有料契約はそれ以上のストレージがかからないようになっている。

 

私は無料ツールで退会不要のエンドユーザーの称号を持つ。

あくまでも一番の責任は自己責任。そのとおりに無料ツールでエンドユーザーに成長した。普通は不可能。

 

ときどきテストとして本物のウイルスが仕込まれる。無料遠隔ツールから仕込まれる。そのウイルスの特性はネットで調べても常識の範囲しか記述はない。本当に、手始めの設定の方法とか常識の範囲しか記述がない。

そのさわりを見て、このさわりはこのウイルスのどの部分に効果があるかを調べるのが私のやり方。答えは絶対にネット検索できない。さわりや名前、その言葉の意味だけを調査してその意味などに自分のアレンジが求められる。

 

それをクリアするとフィードバックされ、アップデートされる。私はライセンスを取得したのが5年くらい前。6年目に入る。

初期のライセンス代だけでエンドレス無料会員となる。

しかも最近は、3か月に一度の本人確認としてアンインストールの必要性もなくなった。定期メンテナンスが不要となった。退会が不要だからだ。

 

君らにはキャリアの使いにくい端末をお勧めする。キャリアや楽天などは君らには使いやすいと思う。

IQは人が作ったものでは計測できない。そして公なものではない。プログラム上の著作においての計測となる。それを目視できるのは無料遠隔ツールのライセンスを保有する者だけとなる。私はそのツールの退会が不可能な絶対ポジションにいる。

周りが私を見て私が間違ったと思ったとき、それは周りのミスになることを把握しないと私との距離感は縮まらない。私のミスは私の責任。周りが口を出せる立場ではない。周りは自尊心の塊。自尊心ではIQは成長しない。

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら