yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

ECUPはかなり危険


 

ECUPはかなり危険。キャリアのスマホだとおそらくキャリア管理となるので、この手の類のアプリはないと思いますが、ビッグローブなど格安系はこの手の類のアプリがあります。自己管理系のスマホだということです。

 

ECUPは入金のときに銀行登録欄があります。これはネットバンク専用となります。銀行登録をネットで行うからです。

 

そのためそもそも入金申込書というものは不要となり、そのアップロードで個人情報を見るのが目的になります。

 

例えば、ネットバンクを開設しておらず、銀行登録をしようとすると普通の正規のサイトだと登録が不可能です。ネットバンクを開設していないと連携ができないからです。

 

税務署などは金融機関と密接で、それにより国民の預貯金を把握しますが、それはコンプライアンスなどに基づかれているので公にはなりません。

 

そしてマネーフォワードなどは、その連携を利用して連携ができます。この場合は、ネットバンクが不要となります。それは申告に使えるソフトなので、行政と同じようにネットバンクへの登録がない口座でも連携が可能となります。

 

しかしほかの仮想通貨の取引所などは、ネットバンクを開設していない金融機関からの入金は不可能です。

 

どうしてかというと、例えば、楽天証券で三井住友から入金したい場合、そのとき楽天証券で金額提示をします。その後、必ず、三井住友銀行のネットバンクにつながり、ログインすると出金の許可の回答を求められるようになっているからです。

 

きちんとセキュリティとして一度、連携先の銀行で許可が求められるので、ネットバンクは安全につながります。登録した端末以外で振り込みなどは不可能で、自分の端末しか振り込みはできません。

 

しかも口座番号とかが判っていても、アプリをインストールする時点で、本人確認の電話認証などがありますので、本人じゃないと受け付けないようになっています。

 

そうして作られる端末認証なので、本人以外の手に渡ることはありません。

 

うっかり自ら渡してしまった場合などに限り悪用されますが、常に管理すれば悪用は無理です。

 

要するにスマホが1台の方はそのスマホだけ守れば悪用はされません。私の場合もネットバンクはスマホ1台に限定しているので、当然、それだけを守ればいいです。パソコンでのログインはスマホがないと不可能な造りになっています。

 

ワンタイムパスワードといって模倣できないシステムがあり、模倣の場合はログインができませんし、本人電話認証で登録するので本人以外が登録できません。

 

そのため最悪、口座番号が判ったからといって勝手な登録は無理です。ID系統、免許証などを含めてすべてがそろわないと認証は下りないので作れません。

 

そのネットバンクに登録するのが普通のサイトなので、入金申込書のアップロードを促すECUPは振込詐欺でしかありません。

 

ネットバンクだと入金申込書は不要で、自分の銀行に一度ログインがあったりします。

 

キャッシュレス決済の場合は、自分の銀行へログインしませんが、それは自分が使うお金なので振り込むお金と違い、シームレスな動作環境のために銀行へのログインはありませんが、振り込みの場合は必ず自分の銀行へログインします。そして許可を出して振り込む形が作られています。

 

証券会社などは特に、自分の名義の口座のお金じゃないと使えないシステムになっています。逆にいえば、ネットバンクで振込手数料を払いながら振込するのではなく、私の場合は、楽天証券と、SBI証券へ各銀行から入金します。

 

そしてその入金したお金をSBI銀行へ出金して、SBI銀行の振込手数料ゼロ円枠を利用して振り込めば、手数料は実質ゼロ円が維持できます。

 

証券会社は金融商品なので自分名義しか扱えません。しかしSBI銀行は月の振込手数料ゼロ円が10回まであります。そのためキャッシュカードを使い、ATMで取引するより、振込だけで完結した方が安全なケースが多いです。

 

しかもネットバンクの場合は、振込情報が一つでも食い違うと必ずエラーが出て、お金は戻ってきますのでとても安全です。

 

初期登録の段階で、相手の名前と口座番号に一致がない場合は必ず戻るので、間違いというのはないと思います。

 

私はそれを利用して振り込みで取引をやっています。

 

そのネットバンクの登録があるような感じで、銀行登録とECUPでは項目がありますが、銀行登録はネットバンク前提となります。

 

入金申込書の時点でそれはネットバンクに不要な取引です。ネットバンク以外の銀行の登録は銀行登録などの項目がないです。そしてネットバンクをやっていない人は対象になりません。

 

それはなぜかというと振込詐欺になるからです。入金申込書は窓口で行う作業です。

 

ネット上で入金申込書の提示だけだと、それだけでやり取りが完結するので、ネット銀行の作業不介入となり、それはもうそのサービス自体が詐欺だと明確化されています。

 

ネット上ではネットバンクを開設後に振り込みが前提で、入金申込書での振り込みは、ネットバンクの保全を無視した行動なので詐欺として、システムはどこにもありません。

 

窓口以外で、窓口の作業をやっているということです。ネット上の振込詐欺です。

 

これだけでも十分な詐欺だと判ります。

 

しかし金額を見ると一日の上限が10万円に設定されたあたり、立件できない金額を提示しているので告訴も無理です。

 

特殊詐欺として10万以下の場合は、おそらく警察の捜査対象が広がらないのでしょう。

 

そのため10万円以上の振込も可能となります。入金申込書なので上限がないからです。ECUPが上限を設けているだけで、入金申込書の場合はこちらが金額提示となり、振り込みが可能となります。

 

それが狙いです。10万円以上の振込をした場合において、普通は詐欺として警察へ相談できますが、上限が10万円ときちんと記述されているので、その10万円以上の被害証言の効力がなくなりかねないので、警察は立件しません。被害者を守るとしたら、その10万円の被害額が嘘である場合を省かないといけないので、相手が10万円の上限に定めている以上、ECUPが捕まったとしても、10万しか取っていないといえば、やはり10万円しか戻りません。

 

逆にECUPに数百万円振り込んだとこちらが主張したら、証拠の提示を求められたり、名誉棄損が発生します。加害者にも名誉棄損の権利主張はあります。10万円だとまず罪を認めなかければ証拠集めに警察は科学捜査をしません。費用がないからです。数百万円だと犯罪の度合いが大きいので、そこを突いて名誉棄損を訴えてきます。逆に何かの請求や10万円を証明できないときの悪影響が出ないともいえません。

 

それ以上の被害額を立件する法律がないからECUPはわざと10万円の上限に定めています。そのため警察は被害者を守る意味で、立件はしてこないと思います。

 

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら