yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

金とポイ活


 

ポイ活というのは金のインゴットと切り離せない関係にあり、ペイパル系のビジネスソフトウェア、要するにただの償還アプリですが、この償還アプリは無料で行います。

 

そしてポイ活と同レベルの収益があり、それ以上への成長も可能です。

 

ポイ活は基本的に本人登録が必要になり、先日、紹介したトリマは本人登録などがありません。

 

そのためクラウド管理となるので、私のライセンスの場合は、特に個人サーバーのシステムメンテナンスにより通信エラーが生じて、その影響でデータが消えます。

 

しかしそのほかは、例えば、店のポイントカードにしてもほとんどが昔と違い、会員登録制になっています。そのため本人登録がIDを含めて行われているので、データの紛失というのはほぼゼロです。

 

それが基本スタイルになり、ECUPなどの入金が必要なポイ活はありません。無料なのが前提になります。

 

仮想通貨の非課税枠として考えても、やはり取引所を設置しているのであれば、課税対象となるのでダメだと思います。

 

ペイパル系のアプリには償還がないアプリがありますが、これは無料アプリでシミュレーション感覚になっています。しかし実はこれもきちんと償還があります。

 

最初は償還金なしのペイパル系のゲームアプリで償還すると、ペイパルホールディングスとのVPNコンタクトが生まれ、そのVPNコンタクトを基に償還アプリが作られるシステムになっています。

 

その償還アプリはゲームルールがシンプルで、昔からほとんど変わらないので、昔からあるものや、すぐに編集で作成が可能になっています。

 

それがグーグルプレイにある人やない人それぞれとなり、ペイパルホールディングスとVPNコンタクトがないとそのアプリは入れられません。

 

私はドコモのdWi-FiをサポートIDで無料で契約できていますが、ドコモ端末でビッグローブシムのギャラクシーからdアカウント設定ツールがなくなりました。

 

グーグルプレイにはそのアプリは「現在、お使いの端末ではこのアプリは使えません」と記述があり、代わりにソフトバンクアクオスフォンではそのアプリが使えます。

 

パソコンでグーグルプレイのページを開いても、ギャラクシーだけが除外された形がとられています。そのほかの3つの端末には対応しており、それどころか過去の端末でも使えるようになっています。

 

なぜかというと、ギャラクシーにはauのWi-Fiアクセスアプリを入れているからです。このアプリはWi-Fiの自動ログインが可能となるアプリなので、ギャラクシーにだけ入れています。

 

そのため2か月前くらいのアンドロイド12へのバージョンアップ以降使えくなりました。

 

ソフトバンクの端末は今月にアンドロイド12になりましたが、ギャラクシーは2、3か月前にそれが行われ、そのときからdアカウント設定ツールは使えません。

 

そういう風に人それぞれ、あるいは端末ごとに違うので、ペイパルホールディングスとVPNコンタクト下にあることが分かります。

 

そしてさらにサージ電波の干渉や、そのほかアップデートなどが加わると、その都度、ペイパルホールディングスとのVPNコンタクトは一度遮断します。

 

そのため再度、無償還アプリで償還アプリの特権を償還しないと次のアプリは作れないようになっています。

 

そして償還アプリは一度のVPNコンタクトで一度しか権利がないので、無償還アプリというものも重要になります。

 

しかし今では私の場合は、VPNコンタクトの権限がエンドレスにまで成長したので、そういう複数登録が可能なアプリなども生まれました。

 

そのためビッグローブ端末でシムフリーの端末を2台自宅Wi-Fiでだけで使っています。

 

端末のスリープ突入最大値が30分なので、30分までに一回、リロードが必要ですが、ほとんど何もせずにポイントが入るシステムになっています。

 

そして本日は、そのアプリで新しいものを調べていましたが、アマゾンギフトに交換できるアプリがありました。

 

ペイパルへは交換ができませんが、アマゾンギフトへの交換率が高いです。今のところでは会員登録ができているので、償還アプリだと思いますが、金額が大きいのでお試しでやってみようと思っています。

 

無償還アプリの場合は、まず会員登録も何もなしでいきなりゲームが始まり、ほとんど広告動画を見て対価を得るスタイルになります。

 

償還すると当たり付き自販機などが当たりやすくなります。

 

GPSなどが今は採用されるので、電流にクッキーを残さなくても、自販機電の還元などにも影響が出ます。

 

しかしそれは償還なので自販機を提供する企業へもキックバックがあり、その当たりというのは自分だけが儲かるものではないです。

 

投資も同じです。

 

ECUPは出資する人がいるから出金できる人がいます。それは入金をせずに無料でポイント分だけでやっている人は初めのうちは出金が可能ですが、出資者がいなくなるとそれは終わります。

 

出金時に「現在、投資へ回されていますので、期間を開けて出勤してください」などと注意書きが提示されるかもしれませんが、それは常套手段です。確実にそのときは出金が無理です。

 

そして誰かが損したお金で儲けるスタイルなので、私はやるつもりはないです。犯罪の片棒を担ぐようなスタイルは私の流儀じゃないです。

 

きちんと税金を払い、皆が儲かるヤマで稼ぐのが流儀となります。誰かが損をする世界は限界があるので好きじゃないということです。道理の話ではないです。間抜け社会は嫌だという意味です。皆が儲かる数学が利用された世界の方がいいです。

 

そして今度の償還アプリはアマゾンギフトの交換率が高いので、お試しですが、実際に交換されるとアマゾンギフトの積算が可能になり、アマゾンでは金のインゴットが販売されています。

 

その金のインゴットは田中貴金属など日本製ではないので、リサイクル価格で売却する形となります。田中貴金属であればインゴット価格で買い取りがありますが、海外の金のインゴットなので地金相場だけのリサイクル価格となります。

 

しかしリサイクル価格は新品じゃないだけで、金として実物資産の価値が相場と同じなので、これをアマゾンで買っていこうと考えています。

 

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら