yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

長期保留

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

貯金感覚でできる3000円投資生活デラックス [ 横山光昭 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2022/7/29時点)

楽天で購入

 

今回、tZEROとユニオンバンクのリンクに成功して、実際、入金できるかどうかを調べてみました。

 

するとリンクは済みましたが、「現在のアカウントは、この金融機関のサポートを得ていません」という内容が表示され、送金は不可能となりました。

 

そのため私はtZEROでの運用を保留にしようと思います。今のところ再開する予定はないです。

 

ユニオンバンクの口座のお金はそのまま450ドルを預金しておこうと思います。将来、アメリカで実際に展開していくときのための準備金として預金しておくつもりです。実際には着金の手数料があり、15ドルが手数料として引かれ、435ドルがアメリカドル資産となります。

 

そして金融機関のサポートがない理由として考えられるのは二つあります。

 

tZEROでは銀行リンクとしてユニオンバンクをリンクするとき、検索エンジンにunion bankを指定する必要があります。検索エンジンに銀行名を打ち込む必要があるので、サポートがアカウントにより100%じゃない確率があることが一つの理由になります。バンクオブアメリカなどは検索する前から表示があるので、そのバンクオブアメリカなどで、ユニオンバンクと同じ口座開設をすると可能になるとも思います。

 

書類などは同じで、今度はATMカードが不要となります。ユニオンバンクへ送金して引き出せばいいからです。ユニオンバンクバンクオブアメリカで送金して、バンクオブアメリカとtZEROをリンクするのが理想だと思います。

 

しかし反復送金設定書にtZEROのルーティングコードなどが求められることも予測が付き、今回、ユニオンバンクではそのルーティングコードなどは「アンノウン」の表示で提出しました。

 

この可能性がある限り、バンクオブアメリカでも同じ現象が起きる可能性があるので、今回はtZEROの運用を辞めようという考えに至りました。

 

今のところ海外の口座で停止しているのは「krypto.com」と「tZERO」の二つになります。クリプトコムは展開するつもりはないですが、どちらもパスポートを提出しているので、口座の停止は入りません。一応、保留を続けようと思います。入金の必要性はないです。

 

tZEROで問い合わせにルーティングコードなどを質問することも可能ですが、今は現状に満足しているので、現状維持で保留にしようという考えに至りました。

 

しかし狙うとしたらやはりtZEROになります。金融機関のサポートに関する項目になるので、送金初期設定書の可能性は高いです。

 

ユニオンバンクではジャパニーズカスタマーがあり、国際フリーダイヤルがあり、そして日本時間に合わせた対応があります。一度、電話してつながったことも確認しています。

 

そしてそちらへの電話を促す案内が多いので、送金指示設定書などに関する説明などもあると思いますので、時間が作れたら電話して聞いてみようと思います。アンノウンの表示でサポート不足になったかどうかを調べようと思います。

 

しかししばらくは停止状態のままでいいです。将来の再開を楽しみに保留しようと思います。

 

暗号資産(USD)に変換して送金したりできますが、理想の道の銀行リンクが優先になります。

 

暗号資産に変換した場合でも、市場と異なる相対取引なので、日本で仮想通貨を取引することとは異なりますので、それをやってもいいとは思っています。

 

それでも今はそこまで展開する必要はないので、確定申告も不要になるし、停止状態にすることを決めました。

 

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら