yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

明朝は需要に押される


 

明朝のアメリカ市場はダウがわずかにプラスで、ナスダックとS&Pはわずかにマイナスとなりました。

 

原油の需要の増産態勢が整い、その影響で原油の買い注文が集まり、それにより今の原油は90ドルへ上昇しています。

 

今のところ金融引き締めでそれを抑える動きはなく、原油の買いが落ち着く目安として10日に消費者物価指数発表が控えており、それまでは原油の買いが続くのではないかと思います。

 

どうしても消費者物価指数などを市場がイベント扱いとして見る場合、原油の買いを続けないと入札に遅れて商品の確保ができないからです。消費者物価指数発表日が原油の警鐘になるかどうかという演出だと思います。

 

消費者物価指数が株価に悪影響の場合は、金融引き締めの9月分が再開されるでしょうが、そのときは同時に原油価格も抑えが効くので、やはりそのときというのは原油の買いの警鐘になりやすいです。

 

その後は、原油価格が下がっても、原油が余らないとまた原油高になりやすいので、その警鐘を鳴らすためにもその日が目安となりやすいと私は思います。

 

それまで原油の注文が多いと思うので、しばらくは様子見の流れが続くと思います。昨夜の始まりはプラス圏からでしたが、日中の日本時間帯には原油の需要増産により原油の注文が集まる報道がありました。

 

それによりアメリカ市場はマイナスへ少しずつ下落していき、わずかなマイナスとなりました。

 

本日の日本時間帯も先物が買い先行ですが、原油高を利用して先物の買い入れをすれば、それだけ株高になり、市場中に古い株数の持ち株を売却できます。

 

おそらくその流れが強いと思います。

 

今の私のニーサは実現損益でいえばプラス4.28%へ成長しましたが、明日の約定は明朝の下落により下落となります。

 

リートはゆうちょのアメリカリートの普通分配金が出そうな流れではあり、Jリートもまずまずの成長を見せています。しかし今月のJリートはギリギリアウトという感じだと思います。

 

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら