yappiigorou’s blog

楽しい人生についていろいろサーチしている

tZEROの訂正


 

昨日はtZEROの推移を間違えてカウントしていて、昨日の確認した時点ではまだ市場が開かれており、市場が終わると4ドル26セントへ下落していたことが判りました。

 

本日の最終価格は4ドル21セントとやはり下落傾向にあります。大体、一年を通して下落と高騰が交互にあり、2ドル台とか3ドル台へ下落します。そしてそれは年末へ向けての下落傾向となります。

 

今回も年末へ向けて半年を切りましたので、このままいくと年末へ向けての下落傾向ということになると思います。

 

3ドルまで下落すると1,000ドルの購入で、6ドル以上まで高騰して2倍という利回りが入ります。1,000ドルが一年分の収益としてカウントできます。

 

今は株価の高騰を利用して資産を増やしている最中で、本来は、1,500万円後半くらいの総資産となりますが、1,600万円を超す資産が形成できました。

 

そのため3倍ブルを売却してその資金を、ユニオンバンクへ送金して貯金枠を崩さず、なおかつ1,600万円という総資産を維持した運用を目指しています。

 

昨日の時点で総資産は1,600万円プラス80,000円という金額でした。

 

本日は昨日の株価の下落に伴い50,000円台のプラスとなります。しかしゆうちょのアメリカリートでもまるまる普通分配金が入り、微弱な金額ですが、SBI証券でそのほかのリートの普通分配金もありました。そしてこの前の4,900円ほどの普通分配金もありますので、その分も資産にプラスとなります。

 

特別分配金は自分の元本が戻るので税徴収がない代わり、資産の増減はありません。しかし普通分配金は自分の元本を減らさずにファンドから入るので税徴収があり、そして資産が増えていきます。

 

その分がプラスとなり、資産を増やすことが可能となり、そしてコインベースや楽天ウォレットなどはマネーフォワードと連携ができないので、それは資産にカウントされていません。

 

このコインベースと楽天ウォレットを入れると総資産は1,600万円を維持しやすくなりますが、これらがカウントできないので、これらを抜きで株高を利用しての資産維持を目指しています。

 

それらが実現するとユニオンバンクへ1,000ドル送金し、tZEROで1,000ドルでまとめ買いをしようと計画中です。1,000ドルあれば135,000円の利益になりますので、充分な利益がカウントできると考えています。

 

そしてユニオンバンクのFTSの通知は、トークンの有効化で成立します。FTSが正式登録されるとトークンが届き、オンラインバンキングでそのトークンの有効化をすると外国送金が可能となります。

 

私は外国送金の設定申請も入れているので、トークンが届く契約となり、そのトークンが届くとtZEROへ送金しようと思います。

 

往復で1か月というスパンだろうと思います。前回、7月15日にEMS郵送を発送し、そして再送エアメールが届いたのが16日となります。

 

中身の日付を見ると7月の29日に封書の用意はされています。しかし発送日とは限らないので、書類の用意だけが29日に済んだともいえます。

 

それでもやはり国債普通郵便の場合は8日が届く目安になり、EMSも3日ですが、結果、1週間の時間がかかり届きました。つまり8日の目安はもっと伸びると考えていますので、2週間という間隔で行われ、そしてユニオンバンクで1週間ほどの時間をかけて登録されます。そしてEMSでトークンが届くのでちょうど1か月くらいだと思います。

 

しかし今回は更新になるのでおそらくもっと早く登録ができるとは考えています。

 

tZEROは入札価格も4ドル8セントまで下落し、やはり下落相場を作っているようです。そしてやはりZEROPで取引をやるのが理想となり、音量を見ると判りますが、ほかの通貨は音量が少ないので、取引量がそれだけ少なくなります。

 

やはり一番人気のZEROPで運用するのが理想だと思います。

 

旅行を楽しむときはこちら

おいしいものを食べたいならこちら

オンラインを楽しみたいときはこちら